人事に関する営業支援を業者に依頼して得したこと

指導に関しても共有し安定した従業員を育てることに

支援業者の方も、無駄な出張は避けた方が良いと主張してきたため、出張をやめるようにしました。
これにより、1つ従業員の負担をなくすことに成功したのです。
人事に関しては、部下を教育することも重要になります。
実はこの部下を教育する仕組み自体が自社ではほとんど存在せず、各上司に一任していた状態です。
そうすると、上司によって上手に教える人と下手に教える人に分かれてしまい、教わったほうも誰に教わるかによってその後の仕事に対する取り組み方などが変わってきてしまいます。

最近ツイッターで見て思うのが、「バックオフィス」
総務、人事その他など、開発、営業部門やマーケティング部門などを後方支援する部署や業務のこと。

弊人事もそうだけど、最前線で動いて開発採用でも具体的に方向性やアドバイスくれる事多いし、素晴しく最前線で助けていただいてる。

— おしん@自然好きなベンチャー経営&開発MG(エネルギー系) (@ShinK95097935) June 9, 2020
これを解消するために、従業員の指導に関しては全員が共有することにしました。
指導が共有させることにより、教え方に偏りがないようにして、安定した従業員を育てることができます。
これは新入社員に対する教育もそうですが、既存の社員に対して教育をする場合や研修を行う場面でとても役に立っている考え方といえます。
このように、少しずつ人事にしておくわと結果会社の業績が上昇してきました。

会社経営をしており人事に関しての営業支援を受ける仕事を適材適所に割り振り実力主義を取り入れる指導に関しても共有し安定した従業員を育てることに